観劇・鑑賞日記

見た作品の感想文とかを投稿するブログ

リモート配信劇場 うち劇第4弾「サイレント ヴォイス」を見た感想と考察

5月16日に行われたリモート配信劇場 うち劇第4弾「サイレント ヴォイス」1部・2部共に視聴した。

 

この作品の主たるところは脚本演出を担当された西森さんが2001年6月8日に起こった「付属池田小事件」の被疑者弁護人に長年にわたり取材したうえでフィクションとして描かれたものである。

事前にあらすじを読んでいたので大方そうだろうと思っていたし多少の心構えをしたうえで観劇に臨むことができた。これは個人的にはとてもよかったなと思っている。

 

さて、本題に入る。

話は荒牧慶彦さん演じる平弁護士と、山崎大輝さん演じる新人弁護士新垣、そして杉江大志さん演じる犯人・佐久田の3人による面会室という場所を用いた会話劇だった。残虐な事件を起こした犯人の弁護士サイドからの視点で物語は繰り広げられた。

 

犯人・佐久田は残虐な犯行を起こした。現行犯逮捕されているのだから非難されて当然というのが一般論であると思う。それは間違いなく揺るぎないものである。だが、平弁護士は彼を許す・許さないを別にして犯人である前に一人の人間でもある佐久田と同じ人間として限りなく対等な目線で向き合っていた。そして少なくとも、平の熱意によって彼の心は少し救われた部分もあったのではないかと思う。

 

最終弁論にて平が佐久田に向けて語った言葉の中に「君があの日あの時鬼と化してしまったことである」という言葉がある。まさしくそれであると強く感じた。平は事あるごとに詩集を佐久田に差し入れていた。詩集や小説というのは人が生きていく中で感じる様々な言葉や感情が緻密そして丁寧に描かれているものが多い。それは名作なら尚更。

人にはそれぞれ御用があるように、その芽吹く前の花を摘んでしまったことを君は決して忘れるな という平弁護士の言葉はとても詩的であり、心を打つものがあった。

 

すくなくともあれだけ自分と向き合い続けてくれた人がいることは、佐久田の心に残ったものはあるだろうと信じたいし、たとえ彼の中のねじまがった歪んだ考えが変えられなくとも、この世を去る前に、自分が犯してしまったことへの後悔を、そして人に会えなくなってしまう寂しさを少しでも思い返していることを祈りたい。

 

平弁護士が最終弁論で話した金子みすゞの『私と小鳥と鈴と』の「みんなちがって みんないい」は今ではどうかわからないが学生時代にクラスに標語として常に掲示されていた。実在する事件前当時の学校に掲示されていたと記憶している。それを思い返すと同時に、彼は学校生活の中でも、モノに対する慈愛や他者に対する愛情の部分などを理解することはできずそれが酷く欠如していってしまったのだなと感じた。こういったことは日常の生活の中で、人と接していく中で学んでいくべきことであると思う。だがしかし彼が本当に精神障碍者であったのだとしたら、それは作中でも述べられた通り、そういった人々が生きにくい社会でもあるのかもしれないとも感じた。

 

近年現代社会ではバリアフリー社会という目標が掲げられているところがある。自分と違う人を認め、自分を認め、社会で生きていく上で何が大切なのか、すべての人が等しくそれを理解しあえる、平等で生きやすい社会をつくるというのが正しいバリアフリー社会であろう。しかし、平等という言葉が並べられているところを感じると、不平等というものが存在しているから平等という言葉が出てくるのだなと、この作品を見てから改めて感じた。

 

佐久田の挙動や話した言葉の中には生き苦しい世の中、そして自身が強く感じた不平等さへの恨みが渦巻いて見えた。その根幹にあるものの真実は本当の言葉はわからないが、私には彼の心の奥底に「本当の愛情」を受けられなかったという「寂しさ」があったのかなと感じた。彼が本当に本当の愛情を知らずして育ってしまったのなら彼の欲しかった愛情が一体どこにあったのかはわからない。だが、話の内容から察するに勘当された父親や懇願したが復縁が叶わなかった妻からその愛情を受けたかったのだろうと思う。人は興味のない人に対しては感情がわかないものである。そういった場合にそこにある感情は無なのだと思う。佐久田は父親や元妻への復讐のためにこの事件を起こしたと話していたのだからきっと愛情をそこから与えてほしかったのであろう。少なくともこれは個人的考察であるので読み手の皆様にはそのあたりは了承していただけたら幸いである。

 

どんな理由があったも人を殺めることは決して許されるものではない。

それは何があっても変わらないことである。

今回の作品はその許されない罪を犯した人間と最後まで向き合うということの大変さや辛さなども強く感じた部分があった。

 

残虐な犯人と相対する弁護士の精神力と体力の消耗はとてつもないものだと感じたし、そういった仕事を請け負う弁護士という仕事は彼らと人間として最後に向き合う大切な時間を作っているのだとも思った。

 

また、新人である新垣弁護士は、作品の中でとてつもなく重要であった。一本の柱となり先輩である平を強く支えていた部分があったと思う。青臭いからこそ言える気づき、それこそがこの物語の起点だったのではないかと思う。少なからず難儀な内容の弁護でありながらも、それでも、平と共にこの一連の事件の弁護を通しての成長した新垣という弁護士はおそらく近が大きく成長していくのだろうと感じるほどであった。

 

リモートという形での配信ではあったので、多少の戸惑いはありつつ、画面の向こう側ということの若干の誤差は感じながらも、生で演じられているという部分は舞台と変わらず、途中で何度か起こったハプニングによる中断も相まって、臨場感を感じていたので、何か舞台演劇と通ずるものを感じるところもあった。

 

このタイミングでこの情勢下でこの作品を見ることができて、とても有意義な時間となった。またリモート演劇を見る機会があれば、また見てみたいと思う。

 

そしておそらくだが今後もリモート演劇は劇場演劇とはまた異なった手法でリモート演劇にしかできない設定であったり手法で展開していくのではないかと感じることができた。

少年社中「モマの火星探検記」を見に行って

2020年2月2日、岡崎市民会館へ少年社中「モマの火星探検記」を見に行ってきた。

 

2年前にも少年社中が岡崎に来たことがあったのだけれど、他の予定とバッティングしてしまい、悲しいかな行くことができず涙を呑んでいた。昨年9月に友人宅に泊まらせてもらった際、「『トゥーランドット』がものすごい作品だから見てほしい」と言われ、DVDを見させてもらった。まるで、劇場で観劇をしているかのような衝撃を受けた。映像ではあるが、気迫と熱量が伝わってきて、驚きと衝撃がものすごかった。

 

それから、次回作品が近場で公演されるなら、見にいってみようと決心していたら、岡崎でのモマの上演が発表されたのだ。

 

何名か見たことのある俳優の方の名前もあり、見るまではすべてをお楽しみに取っておくため、感想ツイートや写真などはあまり見ないようにして臨んだ。

ここからは、観劇をした、感想を書いていく。

モマのあらすじや概要を知りたい方はHPへ。

 

作品を見終わった後、とても気持ちがスキっと晴れやかな気持ちになった。

とてもいい作品を見たなあという幸せでこころがいっぱいだった。

少年社中のツイッターで「初めての観劇におススメです」と発信されていたが、まさにその通りだなと思った。

 

この作品は宇宙飛行士・毛利衛氏の同タイトルの著書が原作となっているため、宇宙や宇宙飛行士に対するリアリティがものすごくあり、テレビなどで宇宙の特集をすこし見たことが1度でもあれば、見たことがある!と思うようなシーンも随所にあったりした。小さいころなんとなくそういった特集を見た記憶もあったので、あ!と思わされたりもした。なんとなくあこがれを抱いていたあの気持ちがすこし蘇ってきたりした。

 

この作品の感想をとても簡潔に答えるとするならば、優しい という言葉を選ぶだろう。

 

モマという人が優しく、ユーリという人が優しい。見終わった後にとても穏やかな心で劇場を後にすることができた。優しさの中につつまれると、とても穏やかな気持ちになるのだなと感じた。

 

モマを演じられた矢崎広さんとユーリを演じられた生駒里奈さん。どちらの方も初めて舞台でお芝居を拝見したのだが、とても素晴らしく、たくさんパワーをいただいたので、また、この方たちが出ている作品を見たいなあ、と思えた。

 

この二人だけでなく少年社中という劇団が作りだす作品をさらに見たくなった。モマはとても優しい作品ではあったが、トゥーランドットはどちらかというと悲しみが強い作品であった。まだまだ知らない作品がある。また、少年社中の作品を見に行きたいなと思う。

舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)」を見て

昨年2019年12月29日、舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)」を見に森ノ宮ピロティホールへ行ってきた。本作品は同年3月に東京・京都とで第一弾が公演された。その際の人気ぶりはすごいもので、舞台の好評ぶりが口コミで広められ、千秋楽公演では立ち見が出るほどだった。

 

▼舞台「文豪とアルケミスト」とは

ゲームアプリ「文豪とアルケミスト」を原作とした舞台作品。プレイヤーにより現在に転生した文豪たちは、侵蝕(しんしょく)された書物の中に潜り込み、文学を守るため、侵蝕者と呼ばれる敵と戦う。侵蝕者たちと戦い続ける日々の中で起こる文豪たちの人間模様を描いた作品である。

 

第2弾となる本作は、志賀直哉武者小路実篤、そして有島武郎の3人、白樺派が大きく取り上げられている。

 

本作品における武者小路実篤はとてもあっけらかんとしたキャラクターだ。武者小路を演じる杉江大志なのか武者小路なのか境界線が全く分からないなと少々の驚きもあった。しかしそれが面白くもあり可笑しくもあり、それはなんとなく武者小路が遺した作品の風合と似てるかもしれない、と思うこともあった。

冒頭の彼の芝居の中には前作の主演であった平野良が演じた太宰治の芝居のオマージュを利かせているところもあるのではないかと思ったところが随所にあり、前作が作り上げたものをスパイスとして取り込んできたのだろうかとかぼんやりと考え、懐かしさを感じつつ、思わずニヤリとさせられてしまった。彼・武者小路実篤が「友情」という作品に描き書いた内容、書き遺した言葉たち、彼自身が抱えていたのかもしれない作品の背景を1つ知ることができる内容であった。

 

文豪もそう呼ばれる前から一人の人間であるということをこの舞台では強く突きつけられる。小説という文学に魅せられ、秀でたものを遺した人たちではあるが、その人たちも読者である私たちと同じように1人の人間であり、友情や愛について思い悩むことだってあったに違いない。友人の死や、離別、それぞれ口に出さずとも思い秘めていたお互いへの想いだってあるだろう。そういう文豪たちの描かれてこなかった人間らしさみたいなところを強く強く打ち出してくるこの作品を見ると、その文豪たちの事をとても身近に感じることができ、よりこの文豪たちの作品を読んでみようかなと思わせられるような内容であった。

 

まっさらな気持ちで見てもよし、文豪について興味があるからでも、キャストが脚本が演出が気になる、などどんな角度からでもいい。是非一度見てほしい。文豪たちの鮮やかで美しく、華やかな世界を覗いてみてほしい。もしかしたら素敵な作品や作家と更に出会えるかもしれない。

私がコンフィデンスマンJPをすきな理由。

私はコンフィデンスマンJPが好きだ。

 

映画はとてつもないスケールなものだった。しかし作品として「コンフィデンスマンJPならやりかねない」スケールのサイズだったし、すごい制作費だろうと勝手に思いながら見てしまったが、最終的にそんなこともどうでもよくなるくらい、華麗に騙されて"信用詐欺"に遭ってしまった。

 

長澤まさみ演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャード、この3TOPがコンフィデンスマンJPのメインメンバーだ。今回の映画のゲストは竹内結子演じる香港マフィアの女帝 ラン・リウ、三浦春馬演じるジェシー、そしてTV版第1話でダー子ちゃん達に完全に騙された男江口洋介演じる赤星栄介。

 

 豪華キャストが繰り広げる予測不能なコンフィデンス(信用詐欺)ゲーム。果たして、この戦いを制するのは一体誰なのか…!というのが映画のざっくりとした内容。基本はTV版と特に変わらない。どこから騙されてるのか?本当にそれは嘘なのか?見抜けるのか?と思い考えながら見るのが最高に楽しいコンフィデンスマンJP

 

まず最初に私がお伝えしたいこと、それは三浦春馬がまじで史上最強にかっこいいことだ

 

(ここから下はただの三浦春馬ファンの私による感想文なのでコンフィデンスマンJPを好きな理由はだいぶ下にあります。そこだけ読みたいという人はスクロールして飛ばしてね☆)

三浦春馬がかっこいいのは承知の上で見に行ったんだがビジュアル・演技・声、もう何もかも最高だった。三浦春馬の虜になってしまったと言っても過言ではない。私の中で三浦春馬くんの代表作といえば映画「君に届け」なんですけど、それと並ぶ…いや、それをも超える最高っぷりでした。彼の良さを存分に生かした配役だったし全てが最高だった。何を言ってもネタバレになりそう。多くは語れないけど三浦春馬が最高すぎたのであと50回くらい見たい。

(三浦春馬語り終了)

 

さて、私がコンフィデンスマンJPを好きな理由、ですが、なんでそんなに好きなの?何が面白いの?と問われて、え、なんでだろうと考えたのです。なんでこんなに好きなんだろう、と。その考えた記録を記します。

 

第1に単純に話が面白い。よくあるパターンだと話を追いかけていく道の中で大抵犯人がわかってしまう。そうすると予測して推理しながら見ることは容易いので、なるほど、こういう展開ね?と思ってしまい、ある程度その通りに話が進む。これはよくあるパターンだ。もちろんどんなドラマでも使われやすい方法だと思う。これが別に悪いと言っているわけではないけど。ですがコンフィデンスマンJPの場合は見ているこちら側の予測の裏の裏をかいてくる。こちらが予想していることを遥かに超えてくる。とてつもなく驚きに満ちた感想に落ち着くことも数回程度ではない。騙された〜!というよりか、してやられた〜!一本取られた〜!という気持ちになることが多い。この作品の謳い文句である「何が本当で何が真実なのかはわからない」。毎回タイトルバックで繰り広げられるこの言葉がとても好きで、軽快で愉快で心が巻き込まれる。本当に見ていてワクワクが止まらない。

 

第2に、劇中でかかってる音楽の絶妙なまでに最高であること。音楽として作品にエッセンスを与えながらも、彼らの繰り広げる嘘に飲み込まれていくのはもしかしたら音楽の要素がそれを強めてるのかもしれない。主題歌として起用されてるOfficial髭男dismの音楽はそれを象徴するようなものだと思う。作品を見終わった後、この作品のことを考えながら思わず彼らの音楽を口ずさんでいる。その度にああ、自分はかなりこの作品の虜になってしまっているのだなと感じる。

 

またコンフィデンスマンJP続編があることを信じて!

 

あーっ私もダー子ちゃんの子猫に、なりたーい!あー!映画もう一回みたーい!!!